タンパクを合成する

たんぱく質の源

サプリ

私たちの体の20%はたんぱく質でできています。
たんぱく質は私たちの体において様々な機能を担っており、筋肉や内臓、髪、爪、ヘモグロビン、コラーゲンなどの重要な組織を作っています。
このたんぱく質を構成しているのがアミノ酸です。
私たちの住むこの地球には、約500種類のアミノ酸があるといわれていますが、私たちの体のたんぱく質、いわゆる体タンパクを構成しているものはわずか20種類です。
食事で摂取したたんぱく質は、20種類のアミノ酸に分解され、体タンパクになります。
しかし、この20種類のアミノ酸の内、9種類は食事からしか摂取できません。
つまり、この9種類のアミノ酸を食事で摂取しなければ体タンパクが正常に合成されません。
この9種類のアミノ酸のように体内で合成することができないものを必須アミノ酸といい、また、合成できるものを非必須アミノ酸といいます。
アミノ酸には様々な効果があります。
まずは、肝機能の向上です。
近年のストレス社会などが原因で肝機能が低下している人が増えています。
肝臓は体内の老廃物を排出したり、栄養を全身に送り込むなどの大きな役割を担っています。
次に、睡眠状態の改善です。
アミノ酸には、神経を落ち着かせ睡眠の質を高める効果があります。
その他にも、成長の促進や、肌の張りや潤いを高める効果もあります。
また、運動によって疲労した筋肉の回復や免疫力の向上などにも効果があると言われています。
様々な状況に応じて自分に合った効果を得られるように摂取すれば多くの恩恵をもたらしてくれることでしょう。

バランスの良い摂取が必要

男女

私たちの体の20?30%はたんぱく質でできておりそのたんぱく質の構成要素はアミノ酸です。
たんぱく質を構成するアミノ酸は20種類ありますが、その中で必須アミノ酸は体の中では合成されず口から摂取しないといけないものもあります。
この必須アミノ酸の中には、体を構成したり、体を動かすためのエネルギーになったりホルモンの生成や神経伝達物資の分泌を助けるなどの作用があります。
つまりは私たちの体を健康に維持するのにも役に立つ物資なのです。
しかし不足すると、肌が荒れたり、脂肪が貯まりやすかったり、免疫機能が低下したり精神的に不安定になったりというあまり好ましくない状態になりやすいです。
そのような状態にならないためにも、しっかり摂取していれば人生の質を高く維持する効果もあるのです。
アミノ酸不足にならないためにも、効率的な摂取は必要になります。
アミノ酸もどれか一つを多く摂取すれば良いというものではありません。
体にはそれぞれの、物資の構成割合があるのでどれか過剰に摂取しても足りていないアミノ酸があれば、過剰に摂取した物はその効果が発揮されません。
逆に効果と効率は落ちてしまいます。
そして普段の食べ物からバランス良くアミノ酸を摂取しようとしていても、なかなかすべてのアミノ酸がバランス良く含まれている食品が無いので効率が悪いのです。
多品目で食べ物を食べると言っても限界もあります。
ですから自分が普段の食生活から足りていないと思うアミノ酸はサプリなどの栄養補助食品などを利用すると効率的に摂取できるでしょう。

少しの意識で大きく変わる

シニア男性

日本には様々な人がいます。
仕事が多忙化しつつある現代では、その忙しさゆえに夜更かしや食事抜きが当たり前と言う不健康そうな生活を送っているという人が少なからずいます。
一方で、お年寄りになっても若い人と同じように活発に動いている元気な人もいます。
健康的な生活は誰もが憧れるものですが、そうあっさりと手に入れられるものではありません。
しかし、意識することで健康に近づくことは可能です。
健康に欠かせないのが豊富な栄養素です。
食事から摂る栄養は筋肉や骨になったり、感情を安定させたりとあらゆるところに作用します。
中でもアミノ酸は体を構成する重要な栄養素の一つであり、これを抜きにして健康になることできません。
いきなり食事を変えるのはさすがに難しいですが、アミノ酸を摂取することを意識すれば、体をそれなりに丈夫にすることができるため、ある程度の不規則な生活にも耐えられるようになります。
アミノ酸には多くの種類があります。
その中には食品からしか取れない成分もあります。
そういった食品を朝食に取り入れてみましょう。
例えば果物です。
果物にはアミノ酸が豊富に含まれています。
バナナなどの皮をむくだけで簡単に食べられる果物を朝食にしてみましょう。
時間がないという場合はサプリメントを使うのも有効です。
水で飲むだけと極限まで手間を抑えて栄養補給ができます。
サプリメントを飲む場合は寝る前や起床後がおすすめです。
体を壊しやすい現代だからこそ、健康的に過ごすことを考えてみましょう。